ゲルソン療法とは

ゲルソン療法は、
ドイツ生まれのマックス・ゲルソン医師がはじめた治療法です。

ゲルソン療法は、身体が自分自身を治す力「治癒力」を再び活性化させる治療法といわれます。療法のトータルデザインは「栄養療法」と「解毒療法」を巧みに組み合わせたもので、次の4つの柱で成立しています。

  • 家で搾る野菜ジュース
  • 植物性で未精製の食事
  • サプリメント
  • コーヒーエネマ


ゲルソン療法は、これらの手段で全身の細胞に高カリウム低ナトリウムという最適な環境を回復させようとします。
病気が診断されていない体で進行する【未病】が【発病】に至らぬよう、予防としてゲルソン療法を行うこともできます。

ジュース

  • 消化しやすい大量栄養摂取
  • 生、搾りたて、無農薬&無化学肥料の材料
  • 1時間毎、240ml、酵素、栄養成分、酸素を定期供給
  • 3種類のジュース:ニンジン、ニンジン&リンゴ、特定のグリーン野菜

食事

  • 無農薬&無化学肥料
  • プラントベース中心
  • 塩、タンパク質、油脂の制限
  • 生食と加熱食
  • 酸素化倍増、酸欠に対抗


サプリメント

  • 消化、代謝、カリウム量など特定の機能を補助
  • 例1:甲状腺ホルモンやカリウムは代謝を促進
  • 例2:パンクレアチン酵素は消化を助ける



デトックス

  • 肝臓の機能を回復
  • 老廃物の除去を促進
  • 免疫系防御力の再活性
  • がん治療の集中プロトコルでは最大1日5回のエネマ
  • ミネラル、酵素、ホルモン系のバランスを回復