ゲルソン療法とは

ゲルソン療法は、ドイツ生まれのマックス・ゲルソン医師が1920年代終わり頃から発展させ始めた治療法です。

ゲルソン療法は、身体が自分自身を治す力「治癒力」を再び活性化させる治療法といわれます。
療法のトータルデザインは「栄養療法」と「解毒療法」を巧みに組み合わせたもので、次の4つの柱で成立しています。

  • 家で搾る野菜ジュース
  • 植物性で未精製の食事
  • サプリメント
  • コーヒー浣腸


ゲルソン療法は、これらの手段で全身の細胞に高カリウム低ナトリウムという最適な環境を回復させようとします。
病気が診断されていない体で進行する【未病】が【発病】に至らぬよう、予防としてゲルソン療法を行うこともできます。


ジュース

ゲルソン療法では搾りたての自家製ジュースを使います。

ゲルソン療法

食事

ゲルソン食は、新鮮な無農薬・無化学肥料の植物性未精製食です。

ゲルソン療法

サプリメント

毒性がなく、安全な材料と製造法で作られたものを選んで使います。

ゲルソン療法

デトックス

解毒を目的としてコーヒーエネマを実施します。

コーヒー浣腸

ゲルソン療法がこれまでにどのような健康問題を治癒に導いてきたのか、この療法が他と違うのはどうしてなのか、オンラインの体験セミナーではゲルソン・アンバサダーがご説明いたします。是非この機会にご参加ください。