ゲルソン療法

ゲルソン療法の認定資格


ゲルソン療法の背景にある自然の摂理には、誰もが魅了されます。
いつもこの自然の法則の近くにいたいと思わされます。

そして、ゲルソン療法から離れずにいる秘訣は、
この法則をいつも人々と分かち合うことなのかもしれません。

頭で理解したことを言語化して人に伝えるたびに、
その知識には生き生きとした命が吹き込まれます。

学び続けたいという人こそ、教える人にふさわしい…。
私たちはそんな仲間と出会えることを楽しみにしています。

ゲルソン療法のプロフェッショナルトレーニング

ゲルソン療法専門医・研修プログラム
《次回研修日程は未定です》

ゲルソン・インスティテュートは医師国家資格を持つかたを対象に「ゲルソン・プラクティショナー・トレーニングプログラム」を運営しています(前回は2019年8月)。研修プログラム全体は、モジュールⅠ(6日間、サンディエゴ)、モジュールⅡ(最短2年、オンライン&自国での臨床研修と発表)の2段階に大きく分かれています。講義はすべて英語です。

モジュールⅡに登録すると参加者には研修医としての資格が段階的に付与され、研修医として活動ができるようになります。

  • 初等研修資格:ゲルソン・プラクティショナー・インターン(GPI)
  • 中等研修資格:ゲルソン・プラクティショナー・レジデント(GPR)


研修医として自国の患者のゲルソン療法を行う際には、ゲルソン専門医として経験豊富な医師がゲルソン・クリニカル・インストラクターとして常にサポートします。研修医が取り扱う患者のプロトコル作成にアドバイス与え、患者の安全を守りながら研修医の技能向上を支援します。

研修医として一定数以上の治療実績を積むと正式な認定資格の申請が可能になります。独立した立場で患者のゲルソン療法を指導することが可能になります。

  • 正式認定資格:認定ゲルソン・プラクティショナー(CGP)


なお、患者に請求できる専門医のコンサルテーション料金は資格レベルにより違い、ゲルソン・インスティテュートが金額を定めています。

最新情報をご希望のかたはお問い合わせください。
ゲルソン研修医と認定医についてはゲルソン・インスティテュートが公式HPにて情報公開をしています。

ゲルソン・エデュケーター育成プログラム

ゲルソン療法のワークショップや講座をクライアント様に提供する教育担当者の育成プログラムです。常にエントリー希望者を受け付けています。ゲルソン・アンバサダー氏家京子が管理と運営を行っています。

研修プログラム全体はつぎの3段階で構成されます。

  1. 「ゲルソン療法・総合ワークショップ」(6日間)を修了
  2. ゲルソン専門医にプロトコルを作成してもらい、自宅で3週間(21日間)のゲルソン療法実習&自己観察レポート提出
  3. 4日間のビジネス研修(千葉県南房総市研修4日間)


ビジネス研修後の修了試験で一定以上の技能を認められるとゲルソン・エデュケーターとして認定申請が可能になります。
認定資格取得後はワークショップや講座の運営が可能になります。また、シニア・エデュケーター資格へのキャリアアップのためのプログラムが用意されています。

詳しくはお問い合わせください。

ゲルソン療法のプロフェッショナルトレーニングのお問い合わせ